貝殻とサンゴのフォトフレーム

photo-frame
ビーチコーミングで拾った貝殻やサンゴを貼り付けてフォトフレームを作りました。接着剤で貼り付けるだけで簡単にできました!簡単でナチュラル感満載ですのでぜひクラフトしてください。ちょっとしたポイントは「配置」です。少し大きめのものは下の方に、小さなものは上に付けるのがポイント(^-^)b

準備するもの

フォトフレーム
「ナチュラル」さの表現と、貝殻などが接着しやすいようにという点で、木製のものがおすすめです。因みに私が作った上記写真のフォトフレームは100円均一のものです。
5~10個の貝殻など
今回は貝殻と小さなサンゴのかけらを使いましたが、全て貝殻でもサンゴの代わりに小さな流木でも構いませんので、このあたりは自由にアレンジされたら良いと思います。ご自分のオリジナル性を発揮しましょう!
ホットボンド(接着剤)

ホットボンドの一覧>>
ホットボンド(グルーガンともいう)は、棒状に固めてある接着剤をピストル型の器具を使い、熱で溶かしながらトロトロと出して使うというものです。ちょっとコツがいりますが出る量を調節できたり、透明だけでなく色のついたものもあったり、色々と使える接着剤です♪
中に飾る写真や絵ハガキなど
これも写真で無いといけないことはありませんので、ご自分で描いた絵やお気に入りの絵ハガキ、雑誌の切抜きをコラージュして入れるものありですね。

作り方

1)ビーチコーミングで拾った貝殻などの中から、5~10個ほど少し小さめのものを選びます。

2)フォトフレームのふちに自由に並べます。※ここではまだホットボンドはつけません。納得いくまで並べ替えたりして位置を決めます。

3)位置が決まったら、貝殻にホットボンド(接着剤)を少量付け貼り付けます。
  ◆ポイント1:貝殻の丸い面を貼り付けると乾いた後はがれ易いので、なるべく平らな面にホットボンド(接着剤)をつけて貼り付けましょう。
  ◆ポイント2:ホットボンド(接着剤)を付けすぎると、はみ出して見た目が汚くなってしまいますので、必要最少限の量をつけましょう。

4)接着剤が乾いたら、中に飾る写真や絵ハガキなどを入れます。

おお簡単!出来上がりです!

☆選定する貝殻やサンゴの大きさや色によって出来上がりの美しさがガラッと変わりますよ(^-^)b 接着する前に、並べてみていろいろ試してみてください♪